南国市 引っ越し業者

南国市の引っ越し業者を簡単に選ぶ方法

南国市 引越し

南国市 引っ越し

南国市 配送

南国市 引越し 見積もり

南国市 引越し 格安

 

高知県の引越し業者で検索すると160件以上、南国市だけでも15件以上ヒットします。
このすべてから見積もりを取りたいところですが、それは難しいですね。

 

しかし、引越し費用は出来るだけ抑えたいとも思いませんか?
引越し費用は会社によって幅があります。

 

南国市 引っ越し業者

 

あなたの引越し料金の相場を知りたいなら、複数の会社から見積もりを取る必要があります。

 

そこでオススメなのが、大手から地域密着の会社まで200社以上が参加している引越し業者一括見積もりです。

 

南国市 引越し

 

物件の階数や運びたい家財などの情報を1回入力するだけで、複数の引越し業者から見積もりを取ることができます
相場はもちろん、最安値のところも簡単に見つけることが出来ますよ。

 

引越しは土日祝日、月末、大安、午前中に集中する傾向があります。
4月や9月の人事異動の時期は、引越し業者も忙しい時期になります。

 

確実に良い引越し業者をおさえたいなら、新居が決まったらすぐに見積もりを取って予約しておきましょう。

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引っ越しにかかる初期費用

 

引っ越し南国初期費用

 

引っ越しはお金がかかりますが、中でも物件の契約料と引っ越し費用が高額です。
どんなものがあるのか確認してみましょう。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用には、以下のようなものがあります。

 

敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用など
ひとつずつ見ていきましょう。

 

 

・敷金は物件を退去する時に傷んだ箇所を修理するための費用で入居前に管理会社に預けるのです。

 

・礼金は大家さんに支払われる礼金で昔からの慣習ですが、最近は礼金ゼロの物件も増えています。

 

・家賃2〜3か月分は家賃を先払いしてもらうということです。
近年社会問題となっている家賃滞納のリスクが少ないと判断されるのではないかと思います。

 

仲介手数料は不動産会社に支払う費用です。
法律では〇〇円と決まってるわけではないので、会社によって金額が異なります。仲介手数料無料の会社もあります。

 

・火災保険は集合住宅であれば必ず加入しなければなりません。
火元が自分でない火事でもらい火をした場合でも火元の住民に賠償を求めることはできません。
残念なことにもらい火でも自己責任となりますので、自分のために加入しましょう。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
家賃滞納のリスクに備えて契約書に連帯保証人を記載するのが一般的でした。
しかし最近は連帯保証人を立てられない人も増えたため、身元保証会社にお金を払って利用することが増えました。

 

・カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかります。
カギは家族分をスペアキーとして作る人が多いため、一体いくつ作られたのか大家さんにも管理会社にもわかりません。
防犯のことを考えても入居時に鍵は交換しましょう。

 

このような初期費用がかかります。

 

 

引っ越し費用が安くなる条件

 

引っ越し南国格安

 

引っ越し費用を少しでも安くしたいのであれば、条件を見直ししてみませんか?
引っ越し費用は荷物の量に比例して高くなりますので、引越し前にできるだけ捨てたり、あげたり、売ったりして処分してください。

 

そのあと考えるのは引越し日ですが、土日祝日は仕事を休まずに引越しできるという方が多いため人気があります。
平日に比べると土日祝日の引越し費用はやや高めです。
同じ様に大安も人気がありますので、出来ることなら平日に引越ししましょう。

 

さらに午前と午後であれば、午前中の引越しが人気です。早く荷物を運び入れて荷解きしたいですよね。
引越し業者は午後便や時間を指定しないフリー便であれば、割引ができるかもしれませんので急いでいないならこちらをご利用ください。

 

引越しを手伝ってくれる友人知人が多いなら、トラックと運転手だけ(チャーター便)を手配するという手もあります。

 

そして国内の引越しで最も費用かかる遠距離引越しは、同じ方面に運びたい荷物がある人と一緒に運んでもらう混載便なら安くなります。
ただし荷物が少なめであること、日数がどのくらいかかるかわからないことなどちょっと不便な面もあります。

 

引越しの条件で変えられるところがあれば、ぜひ検討してみてください。

 

 

引越しの上手な手順とは?

 

南国市 引越し 手順

 

引越しの手順を知っておくと、だいぶ気分が楽になります。
スムーズに引越しするためには、ます手順を確認しておいてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

実は引越し業者へ見積もりを依頼しても、新居が決まらないと正確な見積もりが出せないのです。
引越し業者への見積もりは、新居が決定したらすぐがオススメです。

 

次にいらないものはどんどん断捨離です。
不用品を新居に持って行くのも有料ですから、いらないものは旧居で片付けておきましょう。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場で転出届を提出しておきましょう。
引越しの2週間前から提出することができます。
これを出し忘れると提出しに戻ったり、連絡して郵送してもらって送り返すなどの手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらいましょう。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話連絡を。
同一市内の引越しなら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してもらいましょう。

 

郵便物が届かなくなるのは不便ですね。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この1年間に引越ししましたという連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしておきましょう。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして、あなたは家具の配置を指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いて、どこかに貼りだしておくと便利です。

 

しかしすべてを引越し業者に任せるのも心配です。
貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運ぶようにしましょう。
これらは破損して保険を使ってもお金で解決できるものではありませんので、大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場で、市内引越しなら転居届・市外引越しなら転入届を提出しましょう。
これで選挙のお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更します。
これらを放置すると後々大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになります。

 

 

引越しの挨拶

 

引っ越し 挨拶

 

引越ししたらご近所に挨拶に行きましょう。

 

一番最初に行かなければおそらくそのまま何年も過ごすことになりますから、引越しの挨拶は当日か翌日に行ってくださいね。

 

挨拶の意味は顔見せだけではなく、引越し作業でトラックが道路を塞いだり、ドタドタ足音が響いて申し訳ありませんという謝意も込められています。
タイミングを逃すと挨拶に行くのが面倒になりますし、先に駐車場や道路でバッタリ会ってしまうとより一層行きにくくなってしまいます。

 

どこのお家まで行くのが一般的なのでしょうか?

 

マンションなら上下左右の部屋の方に、一軒家なら向こう3軒両隣に挨拶に行きましょう。

 

手ぶらで行かれる方ももちろんいますが、お互いに初対面ですから簡単な手土産を用意すると行きやすいですよ。
手土産はお菓子・お茶・タオル・洗剤などの消耗品が喜ばれますし、値段も500〜1000円くらいのものがオススメです。

 

 

引越し業者の行う有料のオプションサービス

 

引越し オプション

 

引越し費用には人件費と交通費とオプション費で成り立っています。
スタッフにかかる費用が人件費、トラックやガソリン代が交通費、これらはわかりますがではオプション費って何のことでしょう?

 

引越し業者の行っている有料オプションには以下のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管
H盗聴器の発見

 

このように、必要な人だけがこの中から選んで自分のニーズに合わせてカスタマイズできるのが、オプションです。

 

依頼が多いのはエアコンの移設ですが、引越し業者があなたに変わって電器屋さんに移設の手配をしてくれます。
自分ですると引越し前に1回、引越し後に1回と2回も手配をして、移設してもらうことになるので面倒なのです。

 

ピアノは重くて大きくて、高価な楽器のため、破損を恐れて扱わない引越し業者もあります。
ピアノの運搬をオプションで依頼しておけば、ピアノの運搬スタッフのいる引越し業者を選択して見積もりを取ることができます。

 

最近は盗聴器が部屋に仕掛けらている場合があります。
コンセントの内部に入れられていたらまず発見できません。
気になる方は盗聴器の捜索を依頼してみてはいかがでしょう?

 

 

転勤 引っ越し 費用 冷蔵庫 引っ越し業者 自動車保険 比較 保険料 安い 自動車保険 見積もり アパート 退去 費用